女性から好感度の高いメンズ財布とは?

持ってると好感度アップのブランド財布ベスト3

女性から好感度の高いメンズブランド財布については、持つ方の年代などによっても様々なようです。

さらに、柄などもヴィトンなどの有名なものなどもありますが、全体的にシンプルかつ主張しすぎないもののようが人気が高いです。

三位はココマイスター、人気急上昇中の新進気鋭ブランドとして有名で圧倒的な革の品質の良さと、その革の良さを引き立たせるシンプルで飽きにくいデザイン性・財布の放つ存在感が人気の理由となっています。

二位はポール・スミス。

都会的なデザイン性と価格的にも手に取りやすいことから様々な年代から人気を集めています。

高級財布ブランドとしてよりはファッションとしての財布の側面が強く、ちょっとしたところに感じるおしゃれさが人気なようです。

一位はやはりルイ・ヴィトンがランクインしていて、デザインと機能性・耐久性の高さや知名度の高さなども人気の一因となっています。

また、誰もがすぐに思いつくことから財布のブランドに関して詳しくない人でも知っているのでその点に関しても人気となっています。

耐久性に関しては他のブランドを抜きトップで、長年利用してもくたびれるスピードが遅く長持ちするので生涯愛用したいなどの意見が多いようです。

好感度ダウンの財布とは?

逆にどんなブランドの財布が好感度の下がるものか、まずスポーツブランドの財布などはあまり評判が良くないようです。

ダウン

ある程度の年齢の方ではスポーツブランドの財布ではカジュアルすぎてしまい、フォーマルな場ではやはり少し浮いてしまう印象を受けるとの意見が多いです。

また、人気ブランドとして名前が挙がっていたルイ・ヴィトンも名前が挙がっています。

その中の意見としてはブラウンのブランドロゴが入った定番柄を持っていると、誰もが知っている柄・逆に安っぽく見える、などの意見もあるようです。

ヴィトンなどの有名なブランドを選ぶ際はシンプルめで主張しすぎない柄の財布を選ぶのがいいとのことです。

さらに、ブランドを問わず持っていて好感度が下がる財布の意見としては安い高いに関わらずボロボロの財布や派手すぎる柄物・ブランドものであってもロゴの主張が激しいものなど、レシートや割引券などでパンパンになってしまった財布やポイントカードが大量に入ってしまっている財布なども印象がよくないようです。

財布の形に関する意見として、中には長財布と小銭入れを分けて使用している人にあまり好感度がない・財布はまとめて使ってほしい、二つ財布を持つと会計時にもたつきそうだしたくさんポーチを持っている女性のような印象を受けてしまう・財布を分けて持つことで神経質なイメージを感じてしまうこと、なので小銭入れつき長財布を使ってくれるのが一番理想的だと感じるなどの意見もあるようです。

人気の高い色は?

財布の好感度が高い色としては年代別に様々な意見があるようですが、基本的には黒の人気が高いです。
ブラウンは女性も持つことが多いので馴染みのある印象がありますが、女性が持つことの少ない黒の財布はビジネスの場面やカジュアルな場面でも馴染んで使いやすいことや上質な黒の財布はスタイリッシュで大人っぽく見えるイメージがあるなど評判も高いようです。

有名なブランドの商品に関してもロゴが大きい柄のものより、人気になっているカラーはやはり黒のようです。

落ち着いた色で一目で有名ブランドとは分かりにくいさりげない主張をしているものも好評です。

また、大胆な色を使っていても上品に見えるものや、シンプルであっても上品さを忘れないものも評判が高いようです。

さらに黒以外にも人気のあるカラーとしては紺色が好感度が高くなっていて、黒に続き上品さがありビジネスや普段使いなどにも浮かずに持つことが出来るので、幅広い年代から人気が高いとの意見が多くなっています。

投稿者: guero

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です