風水で運気が上がる財布

金運が上がる財布の色・下がる色

風水にこだわってインテリアを考えているという人も多いように、もともと風水は中国で地相や家相の吉凶を判断するということに使われてきました。

そしてその考え方をもっと身近なものに取り入れることが増えています。

なかでも財布を決めるときに風水を参考にするという人は多いでしょう。

風水には金運を上げる色というものが存在し、それをもとに財布を選んでみることもおすすめです。

一般的に風水で金運が上がるとされる色は、ゴールドやシルバー・黄土色といったカラーだと言われています。
ただいくら風水で金運アップと言われる色でも、好きでもない色の財布を持つということは気の巡りが悪くなるとも言われています。

金運アップと自分の好きな色、両方を併せ持ったカラーを選ぶことが大切でしょう。

もし自分に浪費癖があるというのであれば、お金が溜まりやすい黒や茶色・ベージュといったカラーもおすすめです。

逆に赤やオレンジといった色は散在しやすいと言われており、しっかりお金が管理できない人は避けるようにしましょう。

またゴールドは金運が上がるカラーとされていますが、ギャンブルが好きな人には向いていない色とも言われます。

その場合は、安定感のあり茶色やベージュにするといいでしょう。

金運アップの財布の形は?

風水で財布の色を決めているという人は多いようですが、実は形も大切な要素です。

バッグが小さめであったりポケットに入りやすいという考えから、折り畳みの財布を愛用している人も多いのですが、お札が伸び伸びと気持ちよく入っていられるように形は長財布の方がいいと言われています。

人が足を折り曲げていると窮屈なように、お札も折れ曲がっていると窮屈に感じで出ていきやすくなると風水では考えているのです。

カードをたくさん持ち歩く人にとって重要なポケットの数ですが、これにも風水的にはおすすめの数があります。

6・8・12といったポケット数がいいと言われていますが、なかでも末広がりの8ポケットは縁起が良くもっともおすすめです。

そして長財布にもいろいろな形のものがあります。

入ってきたお金がなるべく出て行かないという観点では、周囲をぐるりとファスナーで囲ったデザインがいいとされています。

最近ではがま口タイプの長財布も登場しています。

がま口は口が大きく開くことからお金がどんどん入ってきやすいという利点もあるとされていますが、口が大きいことから出ていきやすいとも言われています。

がま口タイプを使用する場合は小銭入れに留めておいた方がいいでしょう。

そして通帳やスマートフォンまですっぽりと入るような機能性財布は、風水的にはあまりおすすめできません。

財布本来の機能だけをもったデザインを選びましょう。

その際に、金色のファスナーやチャームがついているものは金運アップの効果が見込めるとも言われています。

占い師に聞いた!金運アップのお財布術

風水を参考にしていざ新しく財布を新調すると決めたら、その購入時期のも気を遣うようにします。

財布を新調するのは春がいいと言われています。

これは「春=張る」とかけており、財布が膨らむとお金が溜まるということにつながっています。

できれば1月から5月初めの縁起がいい日を選んで新しい財布を使い始めるといいでしょう。

では財布を新しくしたら古い財布はどうすればいいのでしょうか。

今までお世話になった財布をごみとして捨ててしまうのは避けた方がいいのです。

感謝の気持ちを込めて神社やお寺などに納めに行きましょう。

古いお札やお守りと一緒の場所に納めるようにします。

もし神社やお寺に納めることが難しい場合は、お清めの塩を撒いてから処分するといいでしょう。

実は財布にも寿命があって1000日を超えると運気が下がると言われています。

長く使用したお財布は愛着もわきやすいものですが、きちんとお別れをして新しいお財布を迎え入れることがおすすめなのです。

投稿者: guero

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です