革財布について

革財布のメリット・デメリット

革
大人が持つのにふさわしい魅力を誇る本革財布のメリットは、使うほどに味わいが出てくる点です。

「革財布に個性が生まれる」と言っても過言ではないでしょう。

手入れを適切に行い、扱い方次第で十分に長持ちさせることが可能です。

また、見た目の風合いだけでなく、革の触り心地と使いやすさも同様です。

時間とともに手に馴染んでくるため、フィット感が生まれてきます。

通気性があり、比較的蒸れにくい素材である点も挙げられます。

次にデメリットですが、値段が高くなりがちという点です。

本革素材の高級財布については千円単位では購入できないケースが多くなっています。

そのため、本革財布ならではの使い心地の良さがよく分からないと、安く購入できる合成皮革で済ませる方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、最初に必要な費用は高いですが、手入れを正しく行うことにより長持ちさせることも可能なので、合成皮革の財布を購入して何回か買い換えることを考えれば、さほど変わらないでしょう。

また、手入れに関しては、本革財布は取り扱い方が悪いと、合成皮革製品との違いが感じにくくなる場合があります。

こうしたデメリットが気にならないなら、本革財布には品がある上に機能性も十分に楽しめるはずです。

日本製の革財布ブランド

牛革
日本製の革財布ブランドは、そのクオリティの高さから本格志向の紳士が信頼を寄せており、革マニアの間でも絶賛されて急成長を遂げています。

日本製のブランドの特徴は、ヨーロッパ伝統の最高級の皮革が日本にいる熟練職人の手によって縫製され、極上のアイテムとなって送り出されていること。

アンティークの風合いとモダンなスタイルが融合されたシンプルデザインと、圧倒的なクオリティが魅力です。

持ち主を選ばないので、贈り物にも最適なアイテムが豊富に揃っており、大人のためのファッション性を追求した財布を探している方には、最適な財布が見つかるでしょう。

さらに、日本の職人の手作業で作られる革財布は、細部に至るまでこだわりと持ち主への気配りが詰まっている点も見逃せません。

革素材が本来持っている美しさを上手く活かしたデザインは秀逸で、20代から年配者の方まで、幅広い世代で利用することができます。

上質で長く使える革財布が欲しい方や、ハイブランドよりも日本製の高品質な財布を求める方から人気があり、メンズをはじめレディース向けのアイテムなども大人気になっています。

ただし、日本製の革財布ブランドは人気の高さゆえに在庫切れも多いため、気に入った財布を見つけた場合にはなるべく早めに注文すると良いでしょう。

ブランドによっては、在庫切れの商品が入荷した際に知らせてくれるサービスも存在しますので、そうしたサービスを利用するのも一つの方法です。

革の種類について

革財布の素材として牛革や馬革、鰐革などを思い浮かべる方が多いですが、革財布に用いられる革には、ダチョウ革やサメ革、ゾウ革なども存在し、独特な風合いと希少性から沢山の愛好家から注目されています。

革財布に使用する皮革素材のうち、ポピュラーな存在になっているのが牛革です。

鰐

牛革と一口に言っても、定番とされるカウハイドや品があって柔らかなカーフスキン、きめ細かくて丈夫なステアハイドなど、様々な特徴がある点も牛革の良さと言えます。

また、「キングオブレザー」などの名称で呼ばれることが多いコードバンは、希少な革素材として有名です。

コードバンで作られる革財布は、磨いた分だけ輝きが増す特徴を備えており、これはコードバンの繊維組織の構成に起因しています。

そのため、コードバン素材の革財布は他にはないような独自の輝きを放ちます。

さらに、摩擦に強い特徴を持つのが豚革です。

柔らかくなるだけでなく、硬く加工することもできますし、半透明な状態に加工できる万能性が魅力です。

投稿者: guero

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です